女性

自分の肌に合ったものを選ぼう|毛穴の開きには専用化粧品でカバー

色使いがポイント

化粧品

哀愁ある顔立ち

秋は1年の内で気候が安定しており、肌にも良い季節で、9月後半から11月まで長く続きます。秋肌は、夏に受けたダメージを取り払うのにも絶好のタイミングで、お手入れが効果的だからこそメイクも秋冬のトレンド顔を意識できます。秋メイクではカラーも秋仕様です。ベースにはベージュ系、チークにはオレンジ系、アイメイクにはグリーン系やパープルなど、深みや暖かみなど、季節感ある色が特徴です。肌の美しさが引き立つのが、モードなヌードトーンで、ベージュのルージュをまとわせるメイクではチークやアイメイクで顔全体にメリハリをつくり、立体感を出すのもポイントです。目元を強調したメイクに合わせると洗練された秋顔の印象を与えてくれます。アイメイクには、夏からの延長上にバイオレットを用いるケースもあります。肌色を選ばないので、誰にでも似合わせられると評価されているカラーで、秋の和装にもフィットする高貴なイメージの2面性も併せ持ちます。深みのあるバイオレットは、ぼかしてシャドー使いはもちろん、アイラインとした使い方も可能です。さらに、季節感ではブラウン系が定番ですが、夏の日焼けによってブロンズ肌に似合うのはゴールドです。もちろん、白肌にも映える魅力があり、まぶた全体に馴染ませたり、下まぶたや目頭のポイントメイクとして効かせるなどのアクセント役にもオススメです。この時も、腫れぼったくならないためにもアイラインをしっかり引き、初秋らしさをつくることも大事で、ほんのり哀愁も漂う仕上がりが期待できます。健康的な肌にコーラル系オレンジのメイクは自然な仕上がりで評判で、秋の夜長による寝不足や体調が悪い時にもオススメされる秋対策のコントロールカラーです。色使いはファッションを見本とするのもアリと言われ、コーディネートの延長上で施すこともビギナー向きです。