女性

自分の肌に合ったものを選ぼう|毛穴の開きには専用化粧品でカバー

肌を強くする方法

女の人

生活やスキンケアが原因

敏感肌とは皮膚が薄くなり、紫外線や物理的な刺激に弱くなった肌質のことです。敏感肌にも軽症の人もいれば重症の人もいます。重症になると、化粧品の合成成分で肌が赤くなってかぶれたり、衣服の繊維や柔軟剤の刺激で肌がチクチクしてかゆくなったります。敏感肌の人ほど乾燥に弱く、紫外線によるダメージを受けやすくなります。そのため、普通の肌質の人と比較すると肌の老化スピードが早い特徴があります。シワやほうれい線が深くなってから後悔しないように、敏感肌を改善する努力をすることが大切です。先天的な敏感肌の人は、ほんの少数しかいないと言われています。ほとんどの人が、毎日の生活習慣やスキンケアの影響で、後天的に敏感肌になります。つまり、生活習慣やスキンケアを見直すだけで、敏感肌が治すことがあるのです。睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌不足から免疫力が低下し、肌が刺激に過敏になります。たっぷり睡眠を取ることは、健康で乾燥に強い肌を作るために大切なことです。また、冷え性やドロドロ血液も美肌の大敵です。血行不良だと肌の隅々まで栄養や酸素が届かず、保湿力が低下します。冷えを改善するには半身浴をして体を温めるのがお勧めです。スキンケアの間違いも敏感肌の原因です。肌に合わない化粧品を使い続けたり、肌を強くマッサージすると皮脂バリアが破壊されて敏感肌になります。また、一日に何度も洗顔をしたり化粧水をつけたりすると肌本来の保湿機能が低下するので注意が必要です。